今週の空き状況

こんにちは

アーユルヴェーダサロン Alyssumの嶌田です。

今週の空き状況です

9/7 満員

9/8 満員

9/9 店休

9/10 10:00~21:00

9/11 10:00~18:00

9/12 13:00~21:00

9/13 10:00~21:00

お待ちしています!!

a1620_000861

アーユルヴェーダオイルができるまで

こんにちは。

アーユルヴェーダサロン Alyssumアリッサムの嶌田です。

アーユルヴェーダのトリートメントは、オイルがとっても重要です。

ドーシャをバランスし、身体の毒素を出すハーブの力がぎゅーっと詰まっています。

お客様の肌に触れるものなので、不安なく使えるようとても丁寧につくります。

オイル作りは直接のトリートメントと違い、裏方作業ですが、

オイル抜きではアーユルヴェーダは成り立たないのでお伝えさせていただきます。

ハーブオイルができるまでの道のりはとても長く、仕込みから作りあげるまで、1日半かかります。

Alyssumでは、体調やドーシャに合わせて3種類の手作りのオイルをメインで使っています。

その他にドクターズメイドの薬草オイルを5種類インドから取り寄せて使うこともあります。

 

オイルを作るときには、前日から乾燥ハーブを水に戻すことから始めます。

作るオイルによって、数種類~数十種類の異なるハーブを使います。

一晩(5~8時間ほど)浸水させて、準備します。

その後、一定の量の水を加えて煮つめ、ハーブの抽出液を作ります。

この過程は、ごく弱火で3時間ほどかき混ぜながら、焦げないようにハーブのエキスを全て水に移していきます。

同時に、太白油の不純物を飛ばすキュアリング(加熱処理)を行います。

出来上がった抽出液とキュアリング済みの太白油を合わせ、抽出液の水分が完全に飛んで、ハーブの効果がオイルに移行するまで混ぜ続けます。

この作業が弱火で混ぜ続け、大体3~4時間くらいかかります。

強火にして水分を飛ばすと早いのですが、ハーブ成分がちゃんとオイルに移らないので、一番弱い火加減で行います。

水分が飛ぶ時点で、あっつい油がバシバシ手に飛んできます。

でも混ぜ続けないと焦げてしまうので、タオルで手を守りながら頑張って混ぜます。

完全に水分が飛んだら、濾しとったら完成。

こうして、大体6~8人分がやっと出来上がります。

もっと一度に大量につくったら?!と思われる方も多いと思いますが、

そうすると、当然その分時間が2倍も3倍もかかるので、付きっきりで火のそばにいられる時間をとるのは

1回ではこの分量が限界!!!!!

ということで、愛情もハーブのパワーも全部つまったオイルが出来上がります。

こうして作られたオイルは、スネハナ(油剤療法)で5分(古典書にはまばたき285回と書いてあります!)

で骨の髄まではいり、身体の毒素を乳化し、スウェダナ(発汗)で排泄します。

スウェダナでも、インドハーブを10種類ブレンドしたものを使っているのでハーブ尽くしです❤

この鍋いっぱいのハーブで出来上がるのが6人分くらい。

このほかにもハーブペーストもいっぱい使うって作るんですよ~( *´艸`)

ぜひ次にいらっしゃるときには、ハーブオイルの恵みも味わってみてくださいね!!

20150819

医療費40兆円

こんにちは。

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumの嶌田です。

3日に厚労省が2014年度の医療費が40兆円という概算を出しましたね。

12年連続増加だそうです。。。

私自身、アーユルヴェ―ダという予防医学を目指したサロンをしていながらも、

毎日の中では、今目の前にいらっしゃるお客様の明日が少しでも楽しくなるようにということを考えているので、全体像を見るのを忘れてしまいます。

改めて40兆円という数字を見るとすごいですね。

正直に「このままじゃヤバい!!」という感想です。

自分は病気にならないように気をつけることはできるけれども、私一人病気を気をつけたところで

どーにもならない数字です。

医療は進化しているし、寿命も延びているのに、医療費が増え続けています。

なんでも医者にいく、なんでも薬を飲む、その前にできることがたくさんあります。

いや、むしろ「ちょっと具合が悪くなったらすぐ行く」という人の方がまだよくて、

不調を見てみぬふりをして、どうしようもなくなった時に初めて立ち止まる人の方がよほどいけないと思いますが。

紀元前に生きていた人よりも、

スマートフォンもある、自動運転する車もある、遺伝子の組み換えもできる、そんな進化している21世紀

の私たちの方が頭が悪いなんてことはありませんよね。

もっと根本を見直したいものです。

基本は、栄養と睡眠と運動。

まずは、ちょっと高いけど、いい野菜を買う、いい油を使う、いい調味料を使う。

食品を買うときは、裏を見てできるだけ使っているものがシンプルなものを買う。

悪いものをとった時は、取ったままにしないで、毒素排泄をする。

安価なものはそれなりに理由があって安いです。

体に良いといわれる種類の食べ物でも、食品表示をみると、「お前誰だ?!」っていうメンバーがたくさん入っていることありますよ。

元気な時に楽しくお金を使うか、病気なってから治すためにお金を使うかは個人の自由ですが、

毎日のトリートメントで満足せず、アーユルヴェーダをもっと広く普及できるよう、

頑張って発信しようと思いました。

 

kurumaisu

 

 

 

むくみケア

こんにちは

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumのしまだです。

先ほど、東京都内で急な大雨が降りましたが、みなさん大丈夫でしたか?

この季節のもう一つ多いご相談がむくみです。

体のむくみは、アーユルヴェーダではカパの増加によっておこると考えます。

カパは5大元素のうち、水と土から構成されるため、泥のようにねばりつき、保水する力が強いため、

むくみや咳、鼻水を引き起こします。

また、身体は全体的に冷えていますが、自身が冷えていることに気が付かない人も多く、そのためにケアへの意識が向かないこともあります。

一般的に、押して指の後がつくのはむくみサイン。

むくみをほっておくと、慢性的な冷え、だるさ、眠気、セルライトなどの原因となります。

アーユルヴェーダで一番オススメなケアは「ガルシャナ」です。

ガルシャナは「摩擦をする」という意味のトリートメントで、

毛穴に逆らって一方向に軽くさすります。

指先から肩に向けて、つま先から足の付け根に向けて。おしりやお腹などは円を描くように軽擦します。

スロータスを拡張させるので、老廃物が排泄しやすくします。

スロータスは、身体の下水道のようなもの。老廃物を流す管のことです。

日本だとおじいさんが、庭先で素っ裸で背中をさすっているイメージでしょうか!?

血管がひろがり、丈夫になり、より多くの血液が流れるため、血管系の病気を防ぐのにとても効果的なんです。

サロンでは、シルクでできた専用の手袋を使用しておこないます。

シルクは人のアミノ酸に近く、肌への刺激が少ないことで知られています。

つるつるしたシルクではなく、ざらざらとして軍手のような手触りです。

このザラザラが、「しっとり、なめらかな」カパの要素と相対する相対する性質のため、

より効果的にカパを追い出すことができます。

ネット通販でも1500円前後で売っていますので、家でも手軽に行うことができますよ!!

手袋が手に入らない場合は、木綿の手ぬぐいなどでも代用できます。

合わせて、オルガノリフレをサロンで行う場合へそ周りを中心に、

腎臓、膀胱のリフレポイント、水分・三焦・石門などのツボにもクリアシールを貼ります。

そうすると、貼ったところのリンパの流れが促進されて、より早くむくみをとることができます。

血管は自分で流れを作れるのですが、リンパ管は筋肉が動いて初めて流れていくため、

座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢がおおいと滞ってしまいます。

むくみのよって膀胱に負担がかかると、背骨にかけてあす脊柱起立筋の疲れに発展しますし、

腎臓に負担がかかると、ふくらはぎの疲れに発展してしまいます。

いずれも体を支える部位なので、初期の不調のうちに改善しておきたいところ。

夏の間は、汗ですぐにクリアシールがとれてしまったという方も、これからの時期は貼りっぱできる期間が

長くなって楽になってきますね(#^^#)

もちろん、お風呂前にオイルマッサージを行うのも良いですよ。

その場合は、オイルを少なめにすること、温かい性質のオイル(太白ごま油など)を使いましょう。

白湯を飲むこと、ジンジャーやブラックペッパー、シナモンなどの香辛料を活用するのもお勧めです。

そのままでは辛いので、非加熱の蜂蜜に小さじ1/4くらい混ぜてたべると食べやすいです。

むくみがひどいときの食事は、カパを悪化させるもの(甘いのも、脂っこいもの、消化しにくいもの、酸味、塩味の強いもの)をさけ、小食にします。

その変わりに辛味、渋味、苦味があるものを意識してとると早く改善します。

多くの香辛料、緑黄色野菜が該当します。豆類は渋味がありますが、消化しにくいため、発芽させてから食

べたり、軟らかく煮て食べたりする工夫をするとより良いといわれています。

サロンでは「ニーム」という非常に苦味のあるハーブをフットバスで使っています。

ぜひ、放置せず適切で素早いケアで、季節のトラブルを回避しましょうね!!

KIMG0145

 

どこかに消えていたホームページが戻ってきました

おはようございます。

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumの嶌田です。

パソコン操作に全く疎くて、適当にいじるものだから、先日ヤフー、googleともに

検索順位が突如圏外に飛びました。

オーマイガー!!と思ってフェイスブックに悲しみを投稿したところ、

いろいろな方がお力を貸してくださり、復旧しました。

理由は私が先月末に、これまたなんだかわからない操作をして、

きちんと理解しないまま、出てきたアラートに対して「OK、更新」をして

設定が変わってしまったことによるものと思います。

うーん、適当にやるのって良く無いなぁ。。

ともあれ、戻ってきました。

よかった!!

本日、14時から18時まで空きがあります。

ご予約おまちしております。

0530

 

肩こりケア

こんばんは。アーユルヴェーダサロン Alyssum嶌田です。

お客様が、今日の自分に「うーん、よく頑張った」、明日の自分に「明日も頑張ろう!!」

と自分がいつも好きだと思えるように身体と心をリセットしています。

外ではセミが最後の鳴き声を上げています。

*********************************

今日ご来店いただいたお客様は、ピッタ体質。睡眠時間も短く、生活も不規則、肩甲骨から肩にかけてゴリゴリでした。

肩こりのリフレポイントに施術したところ、「びったりくっついていた肩甲骨がはがれたみたい!!」

と喜んでくださいました。

今日は肩こりのお話です。

アーユルヴェーダでは、一般的には肩こり、痛みはヴァータの乱れからくる症状と考えます。

家でもっとも簡単に行えるケアは、痛みのある個所に太白油を塗って、5分ほどたってから発汗させること。

発汗は、入浴でもよいし、蒸しタオルで行っても、ハーブボールなどで行ってもなんでも大丈夫です。

慢性的なコリを長い間抱えている方も多いと思います。

ただ、こっている部分(患部)を直接ケアするのは、自然療法であっても対処療法に他なりません。

本当に改善したいのであれば、関連部分をさかのぼって根本から対策をとることが大切です。

 

アーユルヴェーダでは、肩こりや痛みはヴァータの乱れなので、「冷性、乾燥性、移動性、不規則性」など

ヴァータの特性のある場所、食べ物、気候、環境を変える、またはバランスする処置をします。

ヴァータの主な住まいである大腸のケアも大切にします。

スウェダナで使っているダシャムラは、ヴァータの痛みを緩和させるのにとても役に立ちます。

更にAlyssumでは、オルガノリフレも合わせて考えるので、関連するものを一つひとつ改善するようにひも解いていきます。

 

肩こり、と一言で言っても痛みを感じる部分違いますよね?

なので「どんな動きをすると痛いのか?」をお客様に身体を動かしていただきながらケアをします。

筋肉から見ていくと肩こりに直接関連する筋肉は、脊柱起立筋、肩甲挙筋、菱形筋、僧帽筋。場合によっては、広背筋や大胸筋、三角筋なども関連します。

結構多いのが、「うーん。全部固い。。。」という場合。こんな時は全部ゆるめます。

筋肉のツボ(神経リンパ反射点)刺激を行った瞬間に神経を刺激し、関連する筋肉が正しい働きに戻るため、もんで筋肉を柔らかくしなくても、コリがとれるのです。

同時にリンパの循環を促進するスイッチを押すため、デトックス効果が早くなるし、長持ちします。

これを東洋医学で一緒に考えていくと、肩こりに関連する内臓は、膀胱、肝臓、目。場合によっては、大腸

や膵臓が関連します。

この筋肉と内臓の両方のツボをケアするのがリフレポイントです。

 

私たち現代人は、ストレス、電磁波、食生活の変化など、昔よりも複雑な生活になっているので、「これだ

けが原因」というわけではないので、色々な方向からアプローチをする必要が出てくるのです。

最終的には、内臓を強化するために『食生活・睡眠時間・運動状況の改善』が答えなのですが、

仕事をしていたり、子供が小さかったり、100点生活を目指せないことも多い場合、オルガノリフレはリフレ

ポイントから内臓強化、運動状況の改善ができるので、手助けになるのです。

体の緊張がとれると眠りが深くなり、睡眠の改善につながることも少なくありません。

食生活がどうしても自力で整えられない場合、酵素や水素、グルコマンナンで内臓の負担を軽くするもの良いでしょう。

手軽なハーブやスパイスも私たちの強い味方。

あらゆるものを見方にして、忙しい日常ので目指せる合格点をクリアしましょう!!

 

一番ご予約の多い、贅沢アビヤンガ、贅沢ウドゥワルタナを9月1日より19,500円から17,800円に値下げしました。

一人でも多くの方が、お財布にもできるだけ負担をかけずに続けていただけるようなサロンになりたいと思います。

身体と心をしっかりデトックス&リセットできるよう、心を込めておまちしております。

kihon nokennkou