自分に今必要なものを無駄なく選ぶ

こんにちは。

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumアリッサムです。

一月もあと一週間。お正月に溜まった毒素は解消できましたか?

去年の12月からの食べ過ぎで、とても体が重かったので、

1週間前からサロンで取り扱っているVividスリムを、おもいっきりふやかして、まじめに食べ始めました。

Vividスリムはこんにゃくからとれた水溶性食物繊維で、腸の大掃除をするのにとても気に入っています。年末年始は、リアル酵素を愛用していました。

続けて2週間強ですが、ほぼ元に戻りました。

なぜ変えたのか。それは、身体は同じではないからです。

 

どんなに素晴らしいものでも、すべての人に万能に良いものはありませんし、

同じ人でも、全く同じコンディションを24時間、365日続けるわけではありません。

自分に必要なものを、必要な時に、必要な分だけ選ぶというのがとても大切です。

 

アーユルヴェーダでは、生まれてから死ぬ前でずっと変わらない体質(プラクリティ)と、変わる体質(ヴィクリティ)の2種類があります。

ヴィクリティは、生まれもって一番強く持った体質の影響を最も受けやすいといわれていますが、

その他に、食事、ストレス、外部の環境、年齢、季節、一日のうちでもずっと変化を続けています。

 

すばらしいことに、アーユルヴェーダの認知度が少しずつ上がってきて、「私は○○体質といわれた」とご存知の方も増えました。

プラクリティを知っておくと、あらかじめ気をつけることが分かりとても役立ちますが、

実はそれ以上に、日常生活ではヴィクリティに気をつける方が、もっともっと重要です。

 

アーユルヴェーダでは、症状ではなく人を診ます。

なので、私がいいから、あなたもいいはず、っていうのはありません。

不調そのものにアプローチした時と、原因をさかのぼってアプローチした時の体の違いを改めて考えるいい機会になりました。

お客様の生活に沿って、一人一人に合ったケアを心がけています。

slim

 

 

 

 

 

Alyssumの役割

こんにちは。麻布十番のアーユルヴェーダサロンAlyssumです。

 

サロン経営について専門家の下で学んで、大きな間違いをしていたことに最近気が付きました。

個人サロンだと、割とやりがちなんじゃないかと思うのですが、私は2年間、「自分が売りたいもの」を商品にしていました。

「これ、すごいいいから!!欲しいでしょ?!」とお客様に押し付けていました。

その裏で「こんなにこだわったものを提供するんだから、このくらい料金をもらわないと困る」とか。

本来の経営って、お客様がほしい物だけが商品になるっていう考え方なんですね。

その基本が分からないと、売り物がどんなに素晴らしいものでも、広がらないですね。

 

Alyssumが一番幸せにしたい人は、働きすぎ、ストレスが多くて、それでもそこに楽しさを見つけて頑張っている女性。

大変なことがたくさんある中で、足を踏ん張って立っている女性です。

賃金のある仕事の有無ではなく、自立していて、死ぬまで自立したいと思っている女性はとても美しいと思います。

だから、5年後も10年後も、年をとっても元気で楽しく活躍していただきたいと思うし、

私もそんな素晴らしいお客様に、恥ずかしくないように生きていきたいと思っています。

 

「こういう女性たちが欲しいものって何かな?!」というのを忘れずに、サロンの有り方を常に見直したいと思います。

一言で「アーユルヴェーダ」といっても取り組み方は様々で面白いのです。

同じアーユルヴェーダトリートメントをしているサロンでも、だれを幸せにするために存在するか、でやることが大きく変わります。

小さい子供がいるお母さんを助けたい方、不妊に悩む方を助けたい方、元気なお年寄りの健康管理をお手伝いしたい方、要介護に

なった方のケアをする方、家族の介護で疲れている方、あげ始めたらキリがありません。

 

アーユルヴェ―ダは医学です。宗教でもないし、ただのオイルマッサージでもないのですが、

Alyssumは「アーユルヴェーダをエステと勘違いしている人歓迎!!」です。

忙しい生活のまま、自立して活躍し続けるためには、健康な心と体が不可欠で、

そのためには、「アーユルヴェーダなる流行りモノを受けてみたい」という入り口も必要だし、

「オイルマッサージなら何でもよかったけど、受けたらとても良かった」という入り口も必要です。

Alyssumはソレを目指しています。

あっちこっち自分で努力をしつくしたけれど、何ともならなかった不調をワラにもすがる思いで!!という意識の高い方よりも、

不調に目をつむりつつ、このままじゃいかんなと思いつつも、今日と明日を頑張らないといけない女性が多いと思うから。

 

少しずつ認知度が上がってきていますし、東京には少しずつ専門サロンも増えています。

今までは、「他のサロンじゃなくて全部Alyssumに囲い込みたい!!」と正直思っておりましたが(笑)

せっかく高いお金と貴重な休みの時間を大切にするために、ご自身の目的にあったサロンを探されることをお勧めします。

top photo2

『アーユルヴェーダの人』って、それ以外を認めないよね。

こんにちは。

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumの嶌田です。

先日、アーユルヴェーダにかかわる人達だけが集まる交流会に参加しました。

これまで個々で活動することが多い業界(?)でしたが、41人もの関係者が集まる貴重な機会でした。

個人での活動だと限りがありますが、数が集まると声も届きやすくなるし、認知も広がります。

一人だと勉強も臨床も実体験も一人分ですが、数が多いとその分学びが深まります。

 

交流会の数日前に「『アーユルヴェーダの人』ってそれ以外を認めない人多いよね。」といわれて考えていました。

確かに結構な確率で、なんでもドーシャ別にあてはめるし、他の自然療法よりも科学な部分を誇りに思っている人が多い印象です。

でも交流会で、特定の方法に固執した時点でアーユルヴェーダではないんじゃないのか?ということをふんわり雰囲気で感じることができました。

その方法の結果がやっぱりアーユルヴェーダがいいよねという結論になることが多いのだけど(笑)

「病気でなく、病人を診る医学」ですから、色々な捉え方や取り組み方があって当たり前なんですね。

私が『本当のアーユルヴェーダの人』の仲間入りするには、まだまだ勉強も経験も実体験も足りません。

サロン設立3年目を迎えるにあたり、足りない部分が確認できたのと、Alyssumの役割を改めて見直す良い機会になりました。

0114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2周年を迎えることができました

こんにちは。麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumの嶌田です。

1月11日に、おかげさまで2周年を迎えることができました。

本当にありがとうございます。

2年前に全くのゼロから、一人のお客様も持たない状態でオープンして、

現在では一切の広告をうたずにやってこられたのは、本当に応援してくださっているお客様のおかげです。

2015年はメニューやシステムを変えたり、試行錯誤の連続でした。

今後も、お客様の忙しい生活の楽しみにしていただけるようなサロンにしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

thanks

 

 

2016年もよろしくお願いいたします

こんにちは。

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumアリッサムです

1月4日から通常営業をスタートいたしました。

ご挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

お正月太りはしませんでしたか?

未消化物が溜まり、身体が重くなりますね。

私は、年末年始はグルコマンナンとリアル酵素にお世話になりっぱなしでした(*´Д`)

昨日からヨーガも再開したので、そろそろ日常生活に戻したいですね!!

1/11 お正月太りを取り戻すワークショップを行います。

ぜひご参加ください!!

今年もよろしくお願いいたします

ce9e91034331a13199a428074f0aa36b22