意識と身体の深ーい関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumアリッサム

しまだです。

最近、アーユルヴェーダとオルガノリフレの関係性を簡潔に説明するにはどうしたらいいだろう・・・と考えています。

アーユルヴェーダは、ドーシャの特徴を知って、それをトリートメントや生活でバランスさせて、「自分の意志で身体と心をコントロールするテクニック」

オルガノリフレは、筋肉や内臓のシステムを使用して、「自分の意志と関係なく身体に働いてもらうテクニック」

**********************

あるお客様は、精神科では鬱と診断されたが、脳が原因でなく、身体の滞りからくるものだと、ご自身で勉強されて突き止めて、知っているため、自分には精神薬は効かないと教えてくださいました。

病気でないと思っていると、薬は効かないし、必要ないんですよね。ご自身でアンバランスを整える方法としてアーユルヴェーダに着目されました。

また、あるお客様は、入院した時、意識不明だったのに、自分の意欲と関係なく、細胞はどんどん生まれ変わって回復しようとしてくれた事実に不思議な感覚を覚えたそう。

体が弱っていると内服する薬は強すぎるし、また吸収する力がないと、口から入れる栄養は役に立たないので、意志が直接働かない身体のシステムに頼ることになり、そういう時にはオルガノリフレがとても役に立つんですよね。

お二人ともお目が高い!!さすがうちのお客様です(笑)

************************

健康を作るのは「運動、栄養、休養」で、これは真理です。

だから、Alyssumでも、

運動:トリートメント、リフレポイントによる筋肉運動

栄養:ハーブや体質にあう食事、酵素や水素、グルコマンナン等のケア食品

休養:トリートメントによるリラックス、脳が休めるような質の良い睡眠時間の確保

どの方法をチョイスしても良いので、3つが整うようの生活を少しずつ考えることが大切とお伝えしています。

でも実際に具合が悪くなってしまったら、3つ一気に整えるのは難しくなります。

 

サロンケアは医療行為は一切しないし、勉強不足でお役に立てることが少ないけれども

少しでもお客様が元気になっていただけるよう

毒素だしと、日々のセルフケアの大切さを声を大にして伝えていきます。

clip_image001

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です