オルガノリフレのリフトアップフェイシャルが始まります

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

アーユルヴェーダサロン Alyssum アリッサム

嶌田です。

オルガノリフレは「がんばってやる感」が一切ないため、忙しくてディナチャリアが思うようにできないと

きにも重宝しています。

一番分かりやすく、実感するのは慢性の腰痛、肩こりがいつの間にか気にならなくなったことと、

ヨガで木のポーズや、椅子のポーズをしたときのフラフラがなくなったことです。

今は、ご希望が多かったオルガノリフレでのリフトアップフェイシャルを開発中で、

今日は、3名のモニターさんにご協力いただいて、最終的な詰めに入りました。

頭皮から引き上げるためにヘッドマッサージ、顔、首のしわ、デコルテのしわやたるみをケアするコースにしますので、

6月のスタート時にはぜひお試しください(#^^#)

更に、アーユルヴェ―ダ施術の前後両方に行っているオルガノリフレコースに、

施術後のみのコースも作りました。帰ってからキープしたい方や、しぶといこりでアビヤンガでは取り切れなかった方ためのオルガノリフレでコースです。

****************

さて、

店舗でのクリアシールの販売は、コースやレッスンを受けていただいた方の分のみに限定させていただくことにしました。

「お友達やお母さんにもプレゼントしたいから多めに買う」とご希望が多いのですが、

「痛いところに貼ってください」としか言えないからです。

 

実は、クリア加工にはそれだけでも痛みやコリをとる働きがありますが、

オルガノリフレ(身体のツボにピンポイントでアプローチするセラピー)として効果を出るには

カウンセリングをして、体を触って、どこが原因でコリや痛みが出ているのかを把握することが必要ですし、

その原因となっているリフレポイントに的確に貼ることで、最大限の効果を発揮します。

私も初め、あまりの効果に友人にシールをバシバシ貼って練習し、感動した友人たちにプレゼントしました

が、アフターフォローをするともれなくずれていました。

先日のアーユルヴェーダ×オルガノリフレの体験会でも、口頭の説明だけだと自分で貼るとずれていて、

先生が見て回って貼り直しをして、正しい位置に貼ると「おぉ!!」となります。

しかも、リフレポイントの位置は、個人によって、腕の長さ、胸の位置などで場所が異なります。

そうすると、「やってもらったときにはよかったけど、なんだか効かなくなっちゃった」という残念な結果に。

当然、継続的には使わなくなり、最終的に結果が残りません。結果がでないのは、方法が間違えているからなんです。

それを避けるために、シールのみの販売は致しません。

 

4月の無料体験での、私の説明不足「シールだからこの辺、というニュアンスで良いのがセルフケアにばっち

り」と伝えてしまったのが原因です。

申し訳ありません。

本来、鍼の先で刺激するほどの小さなツボに、アプローチする専門性ほど厳密でなくてよい、

シールのどこかにツボがとらえられていたら良い、ということです。

購入いただいた方で、もしも無料体験した時の感動がイマイチない、という方は、ずれている可能性があります。

遠慮なくお声掛けください。来店時にアフターフォローをします。

 

オルガノリフレ施術では、最大限の効果を出すために、たくさんのシールを使って行いますが、

自分でやるときに見えるところにシールは貼りにくいし、身体中シールだらけにはできないですよね。

だから、「ここだけは」というリフレポイントを必ずお伝えします。

はがれたら同じ場所に貼っていただければOK!!

不安な方はアフターフォローしますので、来店時お伝えくださいね(#^^#)

レッスンではさらに、人体図をお渡しし、ご自身の身体の触って、確認し、ご自分でリフレポイントに貼っ

て実践します。

 

どうしても、自分の努力だけはかえられない、長時間労働、睡眠時間や、食生活、生理でも休めない会社、

規則正しい生活を心がけるけれど、できないギャップにストレス感じる日々。。。

忙しい現代の東京暮らしの女性の生活によりそう形で考えられた

努力しない、時間をかけない、お金をかけない、素晴らしいセルフケアです。

正しく活用してくださっているお客様からは、本当にはじめて良かったと

喜んでいただいています。

私も、働く女性として、やってよかったと思っています。

ぜひ、ケアの一つに取り入れてみてくださいね。

0530

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です