オイルの加熱処理(キュアリング)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumアリッサムのしまだです。

毎日のケアでおすすめしているのは、セルフアビヤンガ&入浴!!

使うオイルは薬草オイルが一番ですが、手に入りにくいかもしれないので、

その場合はセサミオイルで!

スーパーにあるごま油には2種類あり、

中華料理で使われる茶色いごま油ではなく、

「太白ごま油」といわれる透明に近いごま油がセルフマッサージに適しています。

茶色いごま油は焙煎して抽出していますが、太白ごま油は生絞りです。

ゴマには、ビタミンEと、リグナンという抗酸化物質が多く含まれていて、

アーユルヴェーダのトリートメントでは、全身のマッサージだけでなく、

シロダーラ、フェイス、ヘッドから、オイルうがいまでベースはごま油です。

 

そのままでも良いのですが、キュアリング(加熱処理)することで、

不純物が飛んでサラサラになり、使い勝手がよくなります。

更に、加熱することで、TV通販でもおなじみの抗酸化物質「セサミン」が、加熱することによって「セサモール」という、さらに安定した抗酸化物質に変化しますので、

おすすめ。

家でオイルを使うと、べたべたするのが気になるという方が多いですが、

キュアリングしたセサミオイルはとてもサラサラ(来店時、ご希望の方は使い心地試せますよ~)

 

使う分だけやると大変なので、私は勝ってきたら一本丸々キュアリングし、

100円均一のポンプに少しと、残りはビンに戻してそのまま料理に使います。

ポンプに入れることで、毎回手を汚さず、必要量プッシュすることもできますし、

うがいの際は口に向けて直接噴射(笑)

 

キュアリングはとても簡単で、

お鍋に太白ごま油を入れて、ごく弱火で100度まで加熱、その後火を消し常温に冷ます。以上!

5分くらいあればできちゃいます。

余熱で120度くらいまで上がりますが、それでOK

 

注意事項は、ステンレス、土鍋、ホーローなど、成分が溶け出さない鍋(アルミ鍋、テフロン加工のものはすすめません)を使うことと、

160度以上の高温になりすぎた場合は、マッサージ用には適さないので、てんぷら油とかで使っていただくこと。

酸化しにくいので、3か月くらいは悪くなりません。オリーブオイルなどは保管や香りにとても気を使いますが、

台所の下で問題ありません。

 

手軽に手に入りますし、安いし(300ccで600~700円位)

一本あるといろいろ使えて便利ですよ!

太白ごま油

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です