自分の体質にこだわる前にやるべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

麻布十番のアーユルヴェーダサロン Alyssumのしまだです

私は今、毎日オンライン英会話をしていて、先日は英語でアーユルヴェーダカウンセリングをする練習をしました。

語彙力が乏しい状態でなんとか相手の話を聞く、こちら側の説明をするとなると、

とてもシンプルにならざるを得ません(笑)

その中で改めて実感したのは、いろいろと体質別のことを生活に取り入れることも大切だけれども、

それよりも前に、生活リズムを整えることがどれだけ大切かということです。

 

具体的には、先日のレッスンの相手になってくださった先生は、

最近いらいらしやすいし、頭痛がすることが多いと。ぱっと聞く限りピッタが強い症状です。

でも時間をとって話を聞くと、その他にめまいや体重増加、不眠、肩こり腰痛、関節痛など、ヴァータやカパの症状も出ている様子。

なので、生活リズムや食生活などを聞いていくと、毎日日本時間で朝5:30~夜25:30まで、

多いときには一日中授業があります。その間、ずっとパソコン画面に向かっていることになります。

更に、コーラが大好きで、一日1本必ず500CCほど飲んでいました。

食事も時間をかけず、授業の合間にパパっと食べるだけ。

かつて会社に属していて不規則生活を最大限謳歌していた私にハタイクリニックのDr.が教えてくださったことと同じように、

「体質ごとで伝えるべきことはあるが、その前に、睡眠時間をもっととってください。嗜好品であるコーラはたまにはいいかもしれませんが、毎日は避けるべきです。シンプルだけれども、これがまずはすべきことです」とお伝えしました。

 

不規則な生活が長く続いてると、急に規則的な生活に戻すのは至難の業ですよね。

でも、「体質ごとのアドバイス」というと、不規則でもたちどころに改善する魔法のような効き目があるように思わることが結構あるのですが、

それ以前に、きちんと食べる、きちんと休む、適度に身体を動かす、という前提があるんですね。

 

Alyssumでも、体質改善を希望されているお客様には、生活改善が 必要であることをお伝えしています。

目先のケアにとらわれず、食生活・睡眠も含めて自分自身作っていることを知って

取り組んでいきましょうね(#^^#)

睡眠

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です