医者いらずのアロエ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

アーユルヴェーダサロン Alyssum嶌田です。

台風の影響のすごさをテレビでハラハラしながら見ていました。

 

先日、Alyssumフェイスブック(https://www.facebook.com/alyssum.ayurveda)でもご紹介していましたが、

海の見えるアロエファームさんから『島アロエスイート酢』をいただきました。

鹿児島県の西方30kmにある甑島(こしきじま)で昔から医者いらずといわれて

島民の健康を守ってきたキダチアロエと、鹿児島県産黒米酢、甜菜糖のみをつかったシロップです。

地域おこしでつくられた商品で、小さな島で昔十分な医療の環境がなかったなかで

民間療法が発達していた甑島で育った農薬、化学肥料を一切使わずに育ったアロエです。

3~5倍希釈くらいで割って飲むのですが、せっかくなので、お客様にもアフタードリンクでおすそ分け中です!!(なくなり次第終了(#^^#))

アロエはアーユルヴェーダでも良く使われていて、すべてのドーシャに作用しますが、

特にピッタを減らすため、胃の働きをよくしたり、炎症を抑えたり、イライラしやすいときにおすすめ。

苦味、甘味、渋味、辛味を持っています。

日本でもヨーグルトにアロエ果実が入っているのは良く見かけると思いますが、

ジュースとしてとることが多いようです。

私も実家にアロエの鉢植えがあり、子供の頃は、やけどしたりヘルペスができたりしたときに良く塗っていました。

また、生殖器官の強壮剤として、生理周期を整えたり、PMSや生理中ののぼせなどにも良いそうです。

アロエジェルは肌の若返りやしわの軽減などで、韓国コスメでも良く見かけますね。

私は東京育ちで、鉢植え上の小さいものしか見たことがなかったのですが、

なんと、甑島では台風から家をまもる生垣になるくらいわんさか生えているそうで、

送っていただいたパンフレットには巨大なアロエの写真が載っていて衝撃的でした。

季節の変わり目で消化力が落ちているときにとても良さそうですね。

20150910

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です