私でもできるアーユルヴェーダ生活

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

麻布十番のアーユル―ヴェーダサロンAlyssumアリッサムの嶌田です。

前回、見本になるようなアーユル生活を送っていないと告白しました嶌田です(笑)

FBで見ている方、改行ができず大変お見苦しくなっています!!(申し訳ありません)

私、食べます。お酒も飲みます。

肉も食べるし、出来合いのものも食べる。砂糖も食べるし牛乳も飲む。

病気にならないようにはするけど、病気になったら普通にお医者さん行きます。

今回は、私でもできるアーユル生活をお届け( *´艸`)

 

***********

私は健康を保つためには、プラスする要素より、マイナスする3つの要素が必要だと認識しています。

①毒素を排泄する

②体内で毒素を作らない

③体外から毒素を取りこまない

 

アーユルヴェーダでは、毎日の食事をとても大切にしているので、スパイス料理とか勉強しなきゃなーと考えていました。

でも、頭では考えていましたが、「毎日インド料理は頂けない」という思いがどうしても抜けないので、食べなれた毎日食べたい日本食でできるように、消化と排泄に対してルールを作りました。

これで、①と②がクリアできます。

私は、ヴァータ・ピッタ体質ですが、体質にかかわらず、

自分のペースに合わせれば、どのドーシャでもこれである程度いけちゃいます。

*************************************

①起きたら歯磨きの時に、舌苔を見る、取る

②お腹がすいてから食べる。旅行中など、いっぱい食べたいときは、Vividスリムとか、酵素とかを最大限活用して何とか消化を進める。それでも消化しきらないので、帰ってきたら消化させ切る

③具合が悪くなりそうなときに、「6味」を意識する

④具合が悪くなりそうなときに、他所に施術を受けに行く

⑤今の状態がいずれにせよ、ベストだ。と常に思う

 

これだけ。

あと、白湯はできるだけ飲みます。

オルガノリフレは貼りつけておくだけで頑張らなくていいのでやります。

これだけ。

①から③で「体内毒素を作らない」がやっつけられるし、④で「毒素を排泄する」に対応できます。

⑤はメンタルアーマ(ストレス)を作りません。

 

本当は、満腹食べないほうがいいです。できないなら、せめて消化しきることを意識します。よく噛む。

本当は、予防のために普段から6味を意識したほうがいいです。できないなら、せめて身体の声をきいて見逃さない。

本当は、毎日入浴して、自分でアビヤンガしたほうがいいです。できないなら、せめて定期的に他人にやってもらう。

私、難しいこととか、面倒くさいことはできないんですよ~(笑)

あはははは。

でもこれだけでも、3年くらい続けてると、「あ、ちがうんだな」と思います。

これくらいのレベルから、だんだん商品の裏側を見て買うようになってきたり、

カット野菜ではなくて、まるまるの野菜を買うようになってきたり、

調味料は良いものを買うようになってきたり、

食べる順番に気をつけたり、バランスを考えて食事を作ったり、

流行に流されず自分で身体に対する正しい情報と現状を学びにとか、

できるようにちょっとずつですが、なってきました。

体外から毒素を取りこまないためには、

「市販のお菓子なんて子供に食べさせる親の気が知れない!!」「農薬まみれの野菜なんて恐ろしくて食べられない!!」中には、「西洋の薬は全て信じられない!なんとしてもハーブやアロマで治す」という人もいて、

すごいとは思うけど、やろうと努力してみたけど、私にはできない。気持ちがね。

子供の頃、ド●パチとか、ネ●ネ●ネルネとか好きだったし。(今は食べないけど)

極端に他を排除して、攻撃するのがもともと苦手。

おおらかに、幸せになるためのアーユルヴェーダだし、楽々がいいな~。

初めてすぐは、こういった正論の方たちに気持ち押されてしまって、ブレていたけど、

よくよく聞くと、私が尊敬する素敵なセラピストさんや先生たちは、

自分の生活の中でうまく融合させている方が多いです。

どれも正解。

ぜーんぶアーユルヴェーダ。

これでいいのだ!!

クローバー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です