アーユルヴェーダの食事学

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

体と心のデトックスサロン、Alyssum嶌田です。

先週末、アーユルヴェーダの食事学とスパイスを学びに吉祥寺に行ってきました。

インドハーブは手に入りにくいですが、その点、スパイスであればスーパーで購入可能です。

お客様にはその都度スパイスを使ったホームケアをお伝えしていましたが、

どうも続かなかったり、なじみがないから手が伸びにくかったりしたスパイス。

きっとそれは、私自身が知識を生活に落とし込んでいないからだろうと、うすうす感じておりました。

毎日インド料理たべられないしなぁ・・・というのが最大。その次に「なんだかんだ言っても効果が出るまで時間がかかりそう」が2つ目。

花粉症のシーズンにスパイスを「薬」ととらえてまじめに飲み始めてから、スパイスの実力はとても体感できたので、

今回は、最大の理由である「気持ちの抵抗」を克服したく、日本食にもなじむスパイスの使い方を学んで腑に落としたいと思っていました。

 

今回メインで学んだのが、「ターメリック」「クミン」「カルダモン」

取り入れ方と薬効を学んで、実際に何品か調理実習をして、そしてみんなで頂きました。

お茶にしたり、スープにいれたり、はちみつと混ぜてそのままいただいたり、

あら!?想像よりもはるかに日本人の口に合う~!!

 

忙しい方が取り入れるセルフケアのステップとしてちょっと後回しにしていた「アーユルヴェーダの6味」の取り入れ方も、

講師の三浦先生が分かりやすく教えてくださったおかげで、より抵抗なく取り入れられそうです。

 

施術だけでは、かなり効果に限りが出てしまうので、もっと生活の中で、お客様が再現できるように

学んだことを早速お伝えしていきたいと思います(#^^#)

ayurgohan

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です