アーユルヴェーダ

このエントリーをはてなブックマークに追加
【アーユルヴェーダとは】
インドの伝承医学です。
ドーシャと呼ばれる生まれ持った3つの体質(ヴァータ・ピッタ・カパ)が、日々のストレスで乱れ、毒素が溜まると不調、病気、老化が起きると考えます。

➀ドーシャを整え、②溜まった毒素を出し、③新たな毒素を溜まらないようにすることで、治療だけでなく病気/老化予防を重視するインド医学です。(※Alyssumでは一切の医療行為は行いません。)
各体質の特徴、気をつけることをみる





【アビヤンガ】
不調の原因となる毒素を出し、乱れた体質を適正なバランスに戻します。

アビヤンガは、たっぷりのオイルを肌から吸収させて、体内にこびりついた毒素を出しやすくする施術で、インドのアーユルヴェーダ医師が体質別に調合した薬草オイルを使用します。
(ご自宅で行う際には、セサミオイルがお勧めです)

温めるとさらにオイルが浸透し効果が高くなるので、90分以上の施術は岩盤ヒートマット温浴も行います。

また、Alyssumでは、即効性と持続性を高めるため、オルガノリフレ(ツボ刺激で筋肉の緊張を緩め、リンパの流れを促進し、内臓機能をアップするセラピー)を併用します。

むくみやセルライト、こりが強く、しっかりとした施術をご希望の方は、インドマッサージに変更もできます。




【シロダーラ】
自律神経を整え、思考スイッチをオフにし、深いリラックス状態にします。

額に温かいハーブ液を足らすアーユルヴェーダ特有の施術です。
自律神経を調える「脳のマッサージ」の働きがあると言われ、瞑想しているときのような穏やかな脳波(深くリラックスしている状態)にします。

Alyssumではシャワー不要の水溶性ハーブオイルを使用します。
セサミオイルで行うどっしりした感じはありませんが、十分にリラックス効果があります。
施術後は、ドライヤーで簡単にサラサラになります。






UP