サロン選びと施術のFQA

このエントリーをはてなブックマークに追加

よくあるお問い合わせについてまとめました。
せっかく時間とお金を使って行くのですから、ご自身の希望に近いサロン選びの参考になれば幸いです。



・アーユルヴェーダと、他のボディケア・他のオイルマッサージとの違いはなんですか?

施術面での大きな違いは、一人一人に合わせた薬草オイルを使いわけることが特徴です。
足りないものを足し算するのではなく、不要なものを引き算するセラピーなので、毒素だしが全ての施術の中心です。
施術だけでなく生活全般で、体質の乱れをバランスすることを最も重視します。



・なぜサロンによって大幅に料金が違うのですか?

アーユルヴェーダと他のセラピーとの比較で言えば、使用する薬草オイルが特殊で高額、一人に対する占有時間が長い(カウンセリングが必要・オイルを大量に使用するため施術後の身支度に時間が必要)ことから、価格設定が高くなります。

サロン間での比較で言えば、単純コストの差が大きく出ます。
①サロンの賃料・立地や豪華さ ②個人サロンか?スタッフの人件費や教育費が必要か? ③集客のための広告費用が必要か? ④使用するオイルの種類やランク ⑤一人に対する占有時間・回転率など。
また、どんな客層をターゲットにしているか、サロンのブランディングによっても変わります。



・頭にオイルを垂らす施術をTVで見て、やってみたいのですが、あれ=アーユルヴェーダですか?

シロダーラと言います。あれ=アーユルヴェーダではありません。アーユルヴェーダのメインの施術はアビヤンガと言って薬草オイルを使った毒素だしマッサージです(アリッサムでは分かりやすく『アーユルヴェーダボディ』と呼んでいます)。シロダーラは、単体でおこなうことはなくオプションメニューで受けることができます。
アリッサムでは現在、ハーブ液を使用したシロダーラのみ行っています。(髪のベタベタを気にせずいつでもできるため)



・目にオイルを入れる施術をTVで見て、やってみたいのですが?

ネトラパルタナ/ネトラバスディと言います。医療行為となるため、アリッサムでは行えません。
その他、パンチャカルマ(嘔吐法・下剤法・浣腸法・点鼻法・採血法)も医師免許がないと行うことはできません。
ハタイクリニック(祐天寺)、マハリシ南青山プライムクリニック(青山一丁目)では、医師による診療が可能です。



・生理中はボディ施術はできますか?

出血量が多い時期は、体に負担となるためできません。
終わりかけであれば、ナプキンもしくはタンポンに紙ショーツを2枚を穿いて施術できます。



・妊娠中はボディ施術はできますか?

サロンでの施術は、念のためできません。(フェイシャルは可能)
CLEARテクニックによる妊娠中の体づくりはできます。お申し付けください。
妊婦さんを受け入れているサロンもありますので、ご紹介できるかもしれません。ご相談ください。



・二人同時に利用できますか?

セラピスト1名でやっておりますので、同時にご利用いただくことはできません。
申し訳ありませんが、お時間入れ替わりでのご案内となります。



・ギフトに利用できますか?

できます。ご希望に応じて、料金なしのギフトカードもお作りできます。



・男性は利用できますか?

会員様からのご紹介の方のみ、男性もご利用いただけます。
男性を受けて入れているサロンもありますので、ご紹介できるかもしれません。ご相談ください。