アーユルヴェーダとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーユルヴェーダとは

 5000年前から続くインドの伝承医学。和訳すると『アーユル=長寿の』、『ヴェーダ=科学』となり、生き方の指針となる学問です。

施術はその一部で、オイルマッサージである『アビヤンガ』や、頭にオイルを垂らす『シロダーラ』、目をオイルで浸す『ネトラパルタナ』などがTVで紹介されて有名です。

体のバランス(ドーシャ)が、本来の状態=健康、乱れると毒素が溜まり、
不調/病気/老化が起きると考えます。

治療だけでなく、予防を重視します。(※アリッサムでは一切の医療行為は行いません。)

●心と体の毒素を出す
●体質を調えて、新しい毒素をためないようにする
この2点を徹底して行います。

ドーシャとは

 生理機能こと。ヴァータ(運搬/運動)、ピッタ(消化/代謝)、カパ(安定/結合)の3種類があり、3つのバランスが乱れると、毒素ができ不調の原因となります。

 宇宙の全てのものは五大元素(空・風・火・水・土)で構成されており、
物質としての人体も、肉体を動かすエネルギー『ドーシャ』も五大元素の組み合わせです。

食べ物を消化⇒栄養を運搬⇒細胞に結合
細胞がエネルギーを代謝⇒筋肉が運動⇒骨格が安定
そして、いらなくなったものを正しく排泄できれば健康を維持できる、と考えると分かりやすいでしょう。

『ドーシャ』の特徴

ドーシャは「病素」とも訳されます。不調が起こるときには、必ず「要因」があります。
そういう「要」素を持った人が、そういう「因」子にさらされたときに、起こるべくして起こるということです。

「要」 人間はどのドーシャの要素を強く持っているか、生まれた時に決まります。これをプラクリティといいます。

「因」 外的なストレスがかかり、ドーシャが乱れ、不調が起こります。後天的な体質のことをヴィクリティといいます。

生まれながらにしてヴァータの要素が強い人は、ヴァータの要素の多いストレス因子にされらせると、ヴァータの悪化による不調が起こりやすいということです。

ヴァータ

 人や物が、
運動や運搬するエネルギーを『ヴァータ』といい、空と風で構成する機能。
また、『ヴァータ』を多く持つ体質を、『ヴァータ体質』という。

空や風には、動く他、冷たい、乾燥する、不規則という特徴があります。
そのため、ヴァータが強い時には、機敏で順応性があり、色々なことに興味があるが、気分が変わりやすい。冷え、乾燥、コリや痛み、便秘と下痢を繰り返す/生理不順などの不規則なサインが出ます。

ピッタ

 消化や代謝するエネルギーを『ピッタ』といい、火と少量の水で構成する機能。
また、『ピッタ』を多く持つ体質を、『ピッタ体質』という。

火には、燃やす他、熱い、鋭いという特徴があります。
そのため、ピッタが強い時には、知的でリーダー気質、勇敢だが、イライラしやすい。多汗、下痢、目の疲れ、ニキビ、出血などのサインが出ます。

カパ

結合や安定するエネルギーを『カパ』といい、水と土で構成する機能。
また、『カパ』を多く持つ体質を、『カパ体質』という。

水と土を混ぜ合わせた泥には、結合する他、冷たい、重い、鈍いという特徴があります。
そのため、カパが強い時には、穏やかで忍耐力があり、落ち着きがあるが、億劫になりやすい。むくみ、だるさ、体重増加、咳や鼻水などのサインが出ます。

全ての人にとって三均等が良いわけではなく、生まれた時のドーシャバランスが『その人にとっての最適な状態』です。

ドーシャの特徴を知るとできる『セルフメディケーション』

ヴァータが乱れている時、または乱れないようにする

・温かく、湿度や油分を多く使い、ゆったりしたケアや生活
・リラックス、休養、睡眠をたっぷりとる
・ヨガ、呼吸法、瞑想、不安を和らげることを行う
・規則正しい生活習慣、食事、定期的な軽い運動
・温かく柔らかい食品を使った軽い食事をとる
・硬い、生の、乾燥した、消化しにくい食品を控える
・甘味、塩味、酸味の食品を増やす
・辛味、苦味、渋味の食品を最低限に抑え

ピッタが乱れている時、または乱れないようにする

・余分な熱を取り、刺激を減らし、静かで穏やかなケアや生活
・リラックスと休養、早寝、瞑想
・冷たい水(氷抜き)やアロエベラジュースをたっぷりとる
・涼しい場所でリラックスする、泳ぐ、海辺を歩く
・冷性のオイル(ココナッツ油やヒマワリ油)でマッサージする
・甘味、苦味、渋味のある食品やハーブをたっぷりとる
・刺激物(アルコール、タバコ、辛いスパイス、揚げ物、薬)を避ける
・辛味、酸味、塩味の食品を減ら

カパが乱れている時、または乱れないようにする

・温かく、乾燥した、動きや刺激、スピード感のあるケアや生活
・運動を増やす、違うことをする、精力的な活動を増やす
・睡眠時間が過多なら減らす、午前8時までには起きる(午前6時までが理想)
・オイル加蒸気を吸入する、温める
・甘味、酸味、塩味の食品を避ける
・辛味、苦味、渋味の食品を増やす
・温性の食品を軽く食べる
・週末の断食を行う
・温かい飲み物をたっぷりのむ
・料理に辛いスパイスを加える