カパの特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

カパ

『カパ』を多く持つ体質を、『カパ体質』という。

穏やかで忍耐力があり、落ち着きがあるが、億劫になりやすい。
むくみ、だるさ、体重増加、咳や鼻水などが起こりやすい。

 なぜなら、『カパ』は、結合や安定するエネルギーであり、水と土で構成する機能。水と土を混ぜ合わせた泥には、くっつく、冷たい、重い、鈍いという特徴があり、その特徴の通りの肉体的、精神的な症状が出ます。

カパ体質でなくても、カパが強い時には同様になります。

カパが乱れている時、または乱れないようにするには

・温かく、乾燥した、動きや刺激、スピード感のあるケアや生活
・運動を増やす、違うことをする、精力的な活動を増やす
・睡眠時間が過多なら減らす、午前8時までには起きる(午前6時までが理想)
・オイル加蒸気を吸入する、温める
・甘味、酸味、塩味の食品を避ける
・辛味、苦味、渋味の食品を増やす
・温性の食品を軽く食べる
・週末の断食を行う
・温かい飲み物をたっぷりのむ
・料理に辛いスパイスを加える